シェアする

内側側副靱帯損傷

西宮、夙川にあるスポーツ専門整骨院リセット、プロトレーナーの林本です。日曜日ですが、急患さんが来院されました。一ヶ月前の靭帯損傷が尾を引いており、捻る動作の際に痛みが出るそうです。

ライプスという靭帯修復の微弱超音波を患部に照射、周辺の筋肉、関節付近に立体動態波を照射。どちらも今オリンピックで使われている機械をふんだんに使います。

どうしても今日試合に出たいのとの事でしたので、キネシオテープで固定しました。

一対一の治療なのでありとあらゆる手段を使います。

#ライプス#ES530#今日試合に出たい#立体動態波#リオオリンピックで選手が使用#ありとあらゆる手段で治す!#1対1の治療#誰にも気付かれずに治す